石垣島自然んださとうきび産業

名称  石垣島製糖株式会社
沿革



昭和36年 9月
 沖縄県石垣市字名蔵243番地に石垣島製糖株式会社の名称で設立し、資本金1,525万円(5万ドル)で発足する。糖業振興に基づき小型24工場を買収し黒糖を生産販売した。
昭和37年 2月   1日あたり原料処理能力(500トン)の分蜜糖工場とするため、13,725万円(45万ドル)の増資を行う。
昭和42年 6月  琉球政府の糖業合理化対策により八重山製糖株式会社を吸収合併した。
昭和47年 6月  逐次設備を増強し公称能力を850トンと査定された。
昭和49年 8月  原料減産により大浜工場(500トン)は沖縄糖業振興協会の甘蔗糖合理化計画に基づき売却処分した。
昭和57年 9月  原料増産に伴い連続分離機設備増強、公称能力899トンとする。
平成 5年12月  さとうきび品質取引に備えてコアサンプラー及び作業室を新設した。
平成15年10月  農林水産省の甘しゃ糖製造合理化対策事業計画に基づき、ボイラー・発電タービン設備・圧搾機増設・自動分離機を設備更新し、公称能力1,000トンとする。
平成17年10月  農林水産省の甘しゃ糖製造合理化対策事業計画に基づき、清浄設備・濃縮設備を更新した。
平成21年 3月  分みつ糖製造合理化対策事業の承認を受けて環境対策に資することを目的に、排水処理施設を建設し地域環境の保全に努める。
資本金  2億6,230万円
大株主  大日本明治製糖株式会社
 三菱商事株式会社
販売先  粗糖:大日本明治製糖株式会社
 糖蜜:大日本明治製糖株式会社

 

原料糖の船積みのようす

 当社は、分蜜糖・糖蜜の製造、販売を主たる事業としており、当社の事業内容及び関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
 地域内農家の栽培した原料甘蔗を購入し、当社にて、製造後主製品の分蜜糖は、主に三菱商事株式会社を経由して、大日本明治製糖株式会社に販売し、その他の販売量に見合った交付金を独立行政法人農畜産業振興機構から受けています。また、副産物の糖蜜は主に、大日本明治製糖株式会社に販売しております。
 
 
 以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。 

 

事業系統図

 

 

第59期
(自)2019年7月 1日
(至)2020年6月30日

【業績等の概況】
 
 石垣島におけるさとうきびの当期収穫面積は、前期より91ha減少の1,296haとなりました。株出の植替え(更新)による減少と、前期収穫期間が天候不良で長期間になったことによる春植の植付減少によるものです。
 生育概況は、生育旺盛期(5月~9月)の日照不足と、生育後期(10月~11月)の少雨傾向が植物体内の水分減少と相まって買入甘しゃ量は67,102tになりました。
 甘しゃの品質面は、生育後期の少雨傾向が登熱を促進し、製糖期間を通して甘しゃ取引糖度の基準糖度(13.1度)以上は94.2%になりました。
 原料集荷については、生産農家の高齢化と収穫時の労働力不足により機械刈取率は年々増加してきており、今期は87%になりました。
 機械刈取希望者の増加に伴い、島内の既存台数を活用して刈取計画(搬入計画)を実施しているものの、雨天により刈取困難な状況が続くなど、生産者の刈取希望期日には必ずしも応えることが困難な状態であり、皆様方にはご心配をおかけしている次第であります。
 今後も機械刈取率の増加が続くと思われるため、石垣市をはじめ関係機関と連携し現在使用している機種機材の更新・増台も含め地域の収穫形態の変化に対応できるよう努めていきます。
 
   機械刈取原料  87.0%(前期83.7%)
   無脱葉刈取原料 11.1%(前期14.6%)
   手刈刈取原料   1.9%(前期    1.7%)
 
 当期操業開始前には買入甘しゃ量を77,992tと見込み、年内12月11日より当期製糖を開始して原料を搬入し、翌12日より圧搾運転を開始しています。
 前期の製糖終了が5月27日と大幅に遅れたことから、当期は工場処理能力を向上すべく圧搾工程設備の一部を改造して操業開始に臨みました。この改造内容は県内他製糖工場で実績のあった方式であったため採用しましたが、原料詰りが頻発しました。導入メーカーの技術協力のもと様々な調整を試したものの状況は改善できず、これによって圧搾工程が不安定になり却って処理能力が低下する結果になりました。
 買入甘しゃ量実績は当初見込みを大きく下回りましたが、原料品質は高く甘しゃ取引糖度14.74度は平成6年度産より始まった品質取引制度の中で2番目の高さでした。製糖期後半の3月になると悪天候が続いて原料切れが生じるようになり歩留低下が心配されましたが、甘しゃ取引糖度の高さにより粗糖歩留も12.15%と高い値になりました。
 
 販売面については、粗糖は大日本明治製糖株式会社の協力により全量販売することができました。